コラムcolumn

コラムの記事
マンスリーマンションの設備紹介

観光だけでなく、長期出張や受験など、長期で滞在が必要な場合に、コスパ良く利用できるマンスリーマンション。金額面のメリットだけでなく、長期滞在を前提にしているため、宿泊者が滞在しやすいように、様々な設備が事前に用意されています。そのため、大掛かりな引っ越し作業がいらず、手ぶらで入居しても、当日から快適に生活を始めることができます。では、具体的にどのような設備が整っているか、紹介していきましょう。

○キッチンを完備
観光などで宿泊した場合は、外食やホテル内のレストランで食事を楽しむ場合が多いですが、長期滞在ともなると毎日それを続ける訳にはいきません。外食ばかりでは疲れてしまいますし、何より費用がかさんでしまいます。その点、マンスリーマンションは、ホテルと異なり、キッチンが完備されているため、自炊することができます。ヤカンも用意されていることが多く、お茶やコーヒーを入れたり、カップラーメンを食べたりと、自身で簡単に軽食を楽しむことができます。電子レンジが備え付けされている場合も多いです。ただし、炊飯器や調理器具、食器など、本格的に料理する場合に必要なものは、施設によって備え付け状況に差があるので、事前に調べておくことが必要です。

○ホテルと同様に用意されているもの
「マンション」とは言え、賃貸マンションとは異なるため、到着時から快適に過ごせるように準備がされています。ベッドを含めた寝具一式、エアコン、テレビ、洗濯機、照明器具などの大型家具や家電は揃っているため、通常の引越しのように、運搬会社を呼ぶ必要はありません。また、ドライヤー、目覚まし時計やゴミ箱など、ホテルと同じ感覚で用意されているものも多いです。

○インターネット環境について
ネット環境は基本的にすべてのマンスリーマンションで備わっており、便利なスキャナーやプリンターを備え付けている物件もあります。コロナ禍におけるテレワークなどで必要な方は、事前に確認しておくことをおすすめします。

大掛かりな引っ越しの必要なく、気軽に滞在できるマンスリーマンションには多くの魅力があります。自身のスタイルに照らし合わせ、必要な設備を事前に確認し、快適な滞在に向け準備をすすめてください。

マンスリーマンションの設備紹介
マンスリーマンションの探し方

マンスリーマンションに住もうと考えたら、まずは物件を探す必要があります。マンスリーマンションを探すためには、どのよう手段があるのか見ていきましょう。

○マンスリーマンションの運営会社のサイトで探す
マンスリーマンションを運営する会社の公式サイトで、物件を探すことができます。こうした公式サイトの場合、その会社の物件しか掲載されていないため、物件数が限られているというデメリットがあります。しかし、その分ひとつひとつの物件に関しての情報量が多く、サイト担当者が物件について詳しいというところがメリットです。住みたい地域が決まっている場合は、のマンスリーマンションを運営する運営会社の公式サイトを利用すると良いでしょう。

○マンスリーマンションを取り扱うポータルサイトで探す
マンスリーマンションの情報だけを集めた、マンスリーマンション専門のポータルサイトがあります。こうしたサイトは、全国各地の情報が集められている場合や、地域を限定している場合もあります。地域や沿線ごとに物件が掲載されているため、住みたい場所のマンスリーマンションの情報を、一度に見ることができるのが良い点でしょう。ただし、ひとつひとつの物件に関する情報量が少ないというデメリットもあります。

○インターネットで検索して探す
マンスリーマンションを探すには、GoogleやYahoo!などの検索サイトから探すのも一つの手です。その際は、「住みたい地域+マンスリーマンション」という文言で検索してみましょう。例えば、「浜松市 マンスリーマンション」もしくは「浜松市中区 マンスリーマンション」のような感じです。住所を絞り込むことで、より自分が求める物件が出てきますが、その代わり出てくる情報量は少なくなります。

○不動産会社で探す
アパートやマンションを借りる場合、不動産会社にお願いして探してもらう人もいるでしょう。マンスリーマンションも、不動産会社に探してもらうことは可能です。しかし、マンスリーマンションを扱っている不動産会社はあまり多くはありません。また不動産会社にせっかく出向いて行っても、マンスリーマンションの場合内見することもできません。そのため不動産会社を通じて探す人は、比較的少ない傾向にあります。

いかがでしたか?時間をかけずに物件を見つけたいということや、内見できないことが多いことから、マンスリーマンションを探す人の多くは、インターネットを使って探すことがほとんどです。ポータルサイトである程度目星をつけてから、運営会社の公式サイトでじっくり探すということもできるでしょう。あなたにあった探し方を見つけてください。

マンスリーマンションの探し方
マンスリーマンションの魅力

マンスリーマンションは短期の居住に適しており、アパートやマンション、ホテルなどと比べて大きな魅力やメリットがあります。実際にどのような魅力があるのか、見ていきましょう。

○マンスリーマンションには家具や家電が揃っている
引っ越しの際、生活に必要な家具や家電を購入すると、経済的に大きな負担になるでしょう。マンスリーマンションであれば、電子レンジ、冷蔵庫、洗濯機、ベッド、机といった生活に必要な設備が揃っています。物件によっては、寝具や調理器具、食器類、ハンガーなどがあらかじめ用意されているところもあり、有料でレンタルできる場合もあります。家具や家電が揃っていることで、新たに購入する必要がないだけでなく、引っ越しの際の荷物が減るので、費用を抑えて、手軽に引っ越しできます。

○マンスリーマンションは敷金礼金などの初期費用が無料
アパートやマンションなどの賃貸物件を借りる場合、敷金や礼金、仲介手数料といった初期費用が必要です。しかし、マンスリーマンションの場合、こうした費用がかからないことがほとんどです。火災保険料も、運営会社がマンション1棟ごとに保険をかけていることも多く、不要な場合もあります。このように、初期費用がほぼかからないため、入居前の費用を安く抑えることができます。

○ガスや電気、水道といったライフラインの手続き不要
一般的な賃貸物件に入居する場合、ガス、電気、水道といったライフラインを開通する手続きが必要で、使えるようになるまでに時間がかかることもあります。マンスリーマンションの場合、こうしたライフラインの手続きが不要で、しかも入居してすぐに使えるため余分な手間がかかりません。また、インターネットを完備しているマンスリーマンションも多いため、インターネットに関しても、面倒な手続きが不要です。

○滞在期間によってはアパートやマンション、ホテルよりリーズナブル
マンスリーマンションは短期間で手軽に借りることができる分、賃料はアパートやマンションより高くなる場合がほとんどです。そのため長期間入居する場合に割高になってしまうこともあります。しかし、短期間入居する場合は、初期費用がかからず、家具家電などの設備もそろっていることから、アパートやマンションをわざわざ借りるより費用を抑えることができます。また、ホテルなどと比べると一日当たりの賃料が安いことがほとんどで、ホテルに滞在するよりもリーズナブルに利用できます。

短期滞在に適したマンスリーマンションにはさまざまな魅力があります。大学受験や出張など、1カ月ほど住む場所を確保したい場合はもちろん、自宅の立て直しやリフォームでの仮住まいや、急な転勤で済む場所が決まるまでの住居など、短期の滞在で初期費用を抑えたい場合に、マンスリーマンションを検討してみてはいかがでしょうか。

マンスリーマンションの魅力
マンスリーマンションの入居までの流れ

マンスリーマンションに入居しようと考えた場合、まず何から始めてどのような手順で進めていけばよいのでしょうか。
一般的なマンスリーマンションの場合の、物件探しから入居までの一連の流れをご紹介します。

○ステップ1 物件を探す
住みたい地域や家賃などを考慮して、物件を探します。一般の不動産会社はマンスリーマンションの情報を持っていないこともあり、マンスリーマンションの運営会社のサイトやマンスリーマンション専用のポータルサイトのほうが、物件が豊富なことが多くあります。また気に入った物件がなくても、運営会社やポータルサイトに問い合わせることで探してもらえることもあります。こうしたサイトを上手に利用して住みたい物件を探しましょう。

○ステップ2 運営会社に問い合わせをする
希望のマンスリーマンションが見つかったら、空室があるかどうかを確認する必要があります。物件を扱っているポータルサイトや運営会社、不動産会社に、電話やメール、お問合せフォームから空室があるかどうか問い合わせをしましょう。またサイトを見ただけではわからないこともあるでしょう。物件に関しての質問や気になることがある場合も、問い合わせ時に一緒に確認しておくようにしましょう。

○ステップ3 入居の申し込みをする
希望のマンスリーマンションの空室であることが確認できたら、次は申し込みをします。物件を取り扱っている運営会社からFAXもしくはメールで申込書が送られてきます。申込書に必要事項を記入して、運転免許証やパスポートなど顔写真付きの公的身分証明書の写しと一緒に、メールまたはFAXで送信します。提出した申込書をもとに入居が可能かどうかの審査が行われます。

○ステップ4 契約と支払いをする
審査に通過したら、次は契約です。運営会社から、契約書や請求書などのマンスリーマンションの契約に必要な書類が送られてきます。届いた契約書に記入し、指定された期日までに返信しましょう。また、銀行振り込みやコンビニ決済、クレジットカード決済など、指定された方法で、期日までに入金を行います。

○ステップ5 鍵の受け渡しと入居
送信した契約書類と入金が運営会社によって確認、受領されると、鍵の受け渡し方法や入居についての連絡が来ます。指定された方法でカギを受け取り、入居します。

いかがでしたか。マンスリーマンションは、一般の賃貸物件と比べ契約までの手続きが少なく、入居までの期間が短いのが特徴。問い合わせから即日入居できる場合もありますが、通常は1週間程度で入居できるようになります。スムーズに契約するためにも、余裕をもって早めに物件探しを始めるようにしましょう。これからマンスリーマンションを利用したいと考えている方は、参考にしてみてください。

マンスリーマンションの入居までの流れ
マンスリーマンションの選び方

長期出張のため、大学受験のため、建て替えやリフォームで一時的に仮住まいが必要なためなど、さまざまな理由でマンスリーマンションを借りる人がいます。マンスリーマンションを選ぶポイントは、用途や期間などによって変わってくるでしょう。そこで、マンスリーマンションを選ぶ際に考えたい、3つのポイントを見ていきましょう。

○ポイント1 立地で選ぶ
マンスリーマンションを選ぶ場合、どこに住むかはとても大事です。短期間だけであれば、思い切って自分が以前から住みたかったエリアを選ぶのもいいでしょう。出張や短期の転勤、受験などで、マンスリーマンションを利用する場合は、駅が近いなど、移動しやすいかどうかを考える必要があります。車で移動されるという場合は、駐車場の有無などを確認しましょう。また、生活することを考えると、スーパーやコンビニはもちろん、ドラッグストアや銀行、郵便局が近くにあると便利です。自分にとって必要な施設があるかどうかを確認します。ほかにも女性がひとりで暮らす場合など、環境の確認も必要です。昼間だけでなく、夜間に訪れてまわりの明るいさや、騒音などがないかの確認もしましょう。立地が自分にとってあっているかどうかでは、マンスリーマンションを選ぶうえで大きな決め手となります。

○予算から選ぶ
マンスリーマンションを借りる場合、立地と合わせて考えたいのが予算です。マンスリーマンションは、さまざまな要素で賃料が変わります。たとえば、駅から近い、遠いといった立地良しあしや、人気のエリアかどうか、物件の広さ、物件の年数、マンションかアパートか、設備がどれくらい揃っているのかなどです。また、水道光熱費やインターネット使用料が、込みの場合と別になっている場合があります。予算からマンスリーマンションを選ぶ場合は、賃料だけでなくそれ以外にかかるトータルの費用を考えましょう。

○家具家電など設備で選ぶ
マンスリーマンションのメリットのひとつが家具や家電などの設備がそろっているところです。ただし、用意されている家具家電は、運営会社や物件によってさまざまです。たとえば、ベッドと寝具の両方が用意されている物件もあれば、ベッドはあるけれど寝具は別料金でレンタルできるという場合や、寝具の用意がないという場合もあります。また、食器やハンガーといった備品も、物件によって有無が異なります。初期の費用を抑え、快適に生活するためにも、必要な家具、家電、備品をあらかじめピックアップし、必要なものがそろっている物件を選ぶとよいでしょう。

いかがでしたか。実際には、上記の3つの要素を組み合わせて選ぶという方がほとんどです。慎重に物件を選ぶのも大事ですが、すべての条件を満たしている物件を探そうとして、時間ばかりかかってしまい、悩んでいるうちに空室がなくなってしまうということもあります。譲れない点にはできるだけこだわり、妥協できる点は妥協して、物件を選ぶと良いでしょう。

マンスリーマンションの選び方
マンスリーマンションを借りるときの注意点

マンスリーマンションには、多くの魅力やメリットがあります。ただし、一般の賃貸物件とは条件や規定などが異なっていることも多く、注意しなければいけない点もあります。マンスリーマンションを借りる際に抑えておきたい、注意点をご紹介します。

○途中解約時の返金について
マンスリーマンションの場合、基本的に家賃が前払いとなります。もし途中で解約した場合、前払いした家賃が返金されるかどうかは、運営会社によって異なります。返金される場合でも、日割り計算で賃料が帰ってくる場合や、手数料は返金されないなどさまざまなパターンがあり、実際にどのくらい帰ってくるのかは運営会社によって違います。途中で解約した際の返金については、契約前に運営会社に確認しておく、契約書をきちんと読む、口コミを見るといった確認をしておき、万が一途中解約するときにもトラブルにならないよう注意しましょう。

○途中解約時の違約金について
マンスリーマンションを契約満了前に途中解約すると、違約金が発生する場合もあります。この違約金は運営会社によって規定が異なります。また、違約金としてではなく、別の名目で費用負担を求められることもあり、短期の入居であってもクリーニング代を請求されたり、原状回復費用がかかったりすることもあります。マンスリーマンションを契約する前に、途中解約した場合の違約金の規定について確認しておきましょう。

○物が破損したときの費用負担について
マンスリーマンションは、家具家電や備品などが揃っていることが多くあります。こうした設備や備品が万が一壊れたときに費用が発生することもあります。老朽化のために壊れてしまったのか、住居者の過失で壊れてしまったのかで、負担金が変わることもありますが、責任の所在を明らかにするのは難しい場合も多くあります。契約前に、物が破損した場合、誰がどのくらい費用を負担するのか、どうなった場合に責任を負わなければいけないのか、確認しておきましょう。

○来客者の宿泊について
マンスリーマンションの場合、家族や友人など、契約者本人以外の宿泊が認められていないことがほとんどです。どうしても宿泊させる必要がある場合は、先に運営会社に問い合わせをしましょう。宿泊には追加料金がかかることもありますが、勝手にほかの人を泊めた場合、契約違反として追加料金の支払いを要求されたり、強制退去させられたりする場合もあります。

いかがでしたか。契約が簡単で、家具家電が揃っており、手軽に借りることができるマンスリーマンションですが、マンスリーマンションだからこそ注意する点もあります。トラブルを回避するためには、契約前にきちんと確認しておくようにしましょう。

マンスリーマンションを借りるときの注意点
1

カテゴリCategory

最新記事Recent article