コラムcolumn

マンスリーマンションを借りるときの注意点

マンスリーマンションには、多くの魅力やメリットがあります。ただし、一般の賃貸物件とは条件や規定などが異なっていることも多く、注意しなければいけない点もあります。マンスリーマンションを借りる際に抑えておきたい、注意点をご紹介します。

○途中解約時の返金について
マンスリーマンションの場合、基本的に家賃が前払いとなります。もし途中で解約した場合、前払いした家賃が返金されるかどうかは、運営会社によって異なります。返金される場合でも、日割り計算で賃料が帰ってくる場合や、手数料は返金されないなどさまざまなパターンがあり、実際にどのくらい帰ってくるのかは運営会社によって違います。途中で解約した際の返金については、契約前に運営会社に確認しておく、契約書をきちんと読む、口コミを見るといった確認をしておき、万が一途中解約するときにもトラブルにならないよう注意しましょう。

○途中解約時の違約金について
マンスリーマンションを契約満了前に途中解約すると、違約金が発生する場合もあります。この違約金は運営会社によって規定が異なります。また、違約金としてではなく、別の名目で費用負担を求められることもあり、短期の入居であってもクリーニング代を請求されたり、原状回復費用がかかったりすることもあります。マンスリーマンションを契約する前に、途中解約した場合の違約金の規定について確認しておきましょう。

○物が破損したときの費用負担について
マンスリーマンションは、家具家電や備品などが揃っていることが多くあります。こうした設備や備品が万が一壊れたときに費用が発生することもあります。老朽化のために壊れてしまったのか、住居者の過失で壊れてしまったのかで、負担金が変わることもありますが、責任の所在を明らかにするのは難しい場合も多くあります。契約前に、物が破損した場合、誰がどのくらい費用を負担するのか、どうなった場合に責任を負わなければいけないのか、確認しておきましょう。

○来客者の宿泊について
マンスリーマンションの場合、家族や友人など、契約者本人以外の宿泊が認められていないことがほとんどです。どうしても宿泊させる必要がある場合は、先に運営会社に問い合わせをしましょう。宿泊には追加料金がかかることもありますが、勝手にほかの人を泊めた場合、契約違反として追加料金の支払いを要求されたり、強制退去させられたりする場合もあります。

いかがでしたか。契約が簡単で、家具家電が揃っており、手軽に借りることができるマンスリーマンションですが、マンスリーマンションだからこそ注意する点もあります。トラブルを回避するためには、契約前にきちんと確認しておくようにしましょう。

マンスリーマンションを借りるときの注意点

カテゴリCategory

最新記事Recent article